ご登録はこちらをクリック

アフィリエイトに必要なマーケティング知識(インバウンドとアウトバウンドについて)

こんにちは。まさよです。

 

インバウンド、アウトバウンドという言葉を聞いたことありますか?

マーケティングで使われている言葉なのですが、アフィリエイトにもインバウンドとアウトバウンドがあります。

例えば、アフィリエイトの手法(トレンドアフィリ、サイトアフィリ、メルマガアフィリなど)も、インバウンドとアウトバウンドに分けることができます。

アフィリエイトにマーケティングの知識は必須になっていきますので、「初心者だから関係ない」なんて思わずに、まずはこの二つの言葉を理解してしまいましょう!!

知っておいて損することは絶対にありませんし、一度知っていればあとから必要になった時に使えると思いますよ。

 

インバウンドマーケティングとアウトバウンドマーケティング

マーケティングというと難しく感じるかもしれませんが、販売者と購入者のアプローチの仕方の違いということだけですので、シンプルに説明していきますね。

 

インバウンドマーケティング(Inbound Marketing)

インバウンドマーケティングとは、

 

一般消費者を特定の商品やサービスに対する顧客に育て上げていくための、全てのステップやツール、ライフサイクルの総称

出典:innova

 

見込み客に対して、情報を提供することで興味をもってもらい購入してもらうこと。なので、あくまでもアプローチしているのはお客様です。

 

 

もう少し例をあげて説明しますね。

 

ダイエットであれば、

あなたがダイエットしようと思った時、ネットで検索しませんか?

運動やエステ、食事、サプリなど「何か良い情報はないかな~」って探して自分がやってみたいと思っているダイエットのブログやサイトを見つけますよね。

 

これがインバウンドマーケティングです。

 

お客さんに自分で見つけてもらう。
簡単ですよね?

 

本当はこれに、来てもらっているお客さんの動きを(アフィリエイトだとクリック率とか)を分析して対策をするところまでをしてはじめてインバウンドマーケティングなんですけど、今はそこまで詳しく考えなくでも大丈夫です。

 

で、ですね。

 

インバウンドマーケティングには、メリットとデメリットがあります。

 

メリット デメリット
高額な広告費を払わなくてよい サーバー、ドメインの費用がかかる
長期的にアクセスを集めらる アクセスが集まるまで時間がかかる
アクセス数からニーズの分析ができる SEOを意識した記事が必要

 

 

インバウンドマーケティングの場合は、ある程度の運営期間と記事が入っていればアクセスを安定させられるので、報酬を安定させやすいですし、自分で運営している媒体(サイトやブログ)に広告を載せるわけですから、運営費用が安く抑えられます。

 

 

アウトバウンドマーケティング(Outbound Marketing)

これに対し、アウトバウンドマーケティングは販売者からお客様に向けて広告を出すことです。

アプローチしているのは販売者です。

純広告(テレビ広告やYahooのトップページの一番目立つ所にある広告など)やリスティング広告、DM、電話営業、展示会などのように販売者の目につくようにこちらからプッシュするという方法です。

テレビのCMや雑誌の広告、電車の中刷りなど広告といわれているモノを思い浮かべてもらえればわかると思います。

インターネットであれば、PPC広告、バナー広告、DM、メールマガジンなどです。

 

アウトバウンドマーケティングの種類はわかったとおもいますので、次にメリット、デメリットについてです。

 

メリット デメリット
認知度を上げやすい 広告料がとても高額
こちらからお客さんにアプローチできる 費用対効果が薄くなっている

 

 

 

やはり認知度の高さでいえば、広告を出すのは今でも効果が高いといわれています。

特にテレビCMやインターネットの広告の効果は大きいですが、やはり広告費がとても高いですが、アウトバウンドでも費用をあまりかけないでできる方法もあります。

メルマガです。

メルマガを発行するためには、メルマガスタンドに登録するだけ(有料のものがほとんどです)。

ですが、月数千円とかですから広告費をかけるよりはずっと安くできます。

 

 

インバウンドとアウトバウンドの両方が大切

ここまででインバウンドとアウトバウンドについてはいかがでしたか?

インバウンドだけやっていればよいと感じた人が多いと思います。

では、アウトバウンドは必要ないのかというと、そうではない。

 

私も最初はそうおもっていたのですが、ユーザーの意識段階を考えるとどちらも必要なことがわかります。

 

どういうことかというと、

 

インバウンドでは、見込み客が多いので購入率が低いし、リピートしてくれていれば別ですが、そうでない場合はまた来てくれる可能性が低い。

 

ですが、メルマガのようなアウトバウンドは、毎回自分が発信したい内容を直接メールボックスに送信できるので、こちらからの情報を素早く届けられるし、必要性をて丁寧に伝えられるので、購入率が高くなるというメリットがあります。

 

ユーザーの意識のレベルに合わせて必要な情報を伝えていくことができるのは、インバウンドとアウトバウンドの両方を使うことでしかできないということです。

 

まとめ

もっとすっきりまとめる予定でしたが、結局少し硬い感じなってしまいました^^;

いかがでしょうか?

こちらから情報を届けるアウトバウンドとお客様からアプローチしてくれるインバウンドの両方があることで、ユーザーのニーズに合ったものを届けることができるということがわかったと思います。

特にアフィリエイトで大きく稼ごうと思うなら、どちらか片方に絞ってしまうよりも、両方をやることで報酬は一気に上がっていくと思いますよ!

 

お役に立てたようでしたらポチっと応援お願いします。


初心者・お小遣い稼ぎ ブログランキングへ

 

ご登録はこちらをクリック

“アフィリエイトに必要なマーケティング知識(インバウンドとアウトバウンドについて)” への1件のコメント

  1. masa より:

    こんばんわ、masaです。
    インバウンドマーケティング
    アウトバウンドマーケティング
    はじて聞きました。
    アフィリエイトをやる上で
    参考にさせていただきます。
    ありがとうございます。
    また訪問させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*